購入前に知っておきたい核シェルターの種類

シェルタータイプ

諸外国のミサイル実験から命を守るためにも国内では核シェルターが注目を集めていますが、実際に自宅に導入しようと考えているならどのような核シェルターを選ぶべきか迷ってしまう方も多いようです。

核シェルターは大きく分けて3つの種類があり、「地下に埋めるタイプ」と「自宅内を核シェルターにするタイプ」、「地上に建てるタイプ」が挙げられます。

一番安全性が高いとされるのが地下に埋めるタイプであり、住宅や社屋の新築時に地下に作る場合や駐車場や庭を掘って埋めて作る方法があり、発電機やトイレ、浄水器を装備することが可能です。

自宅内を核シェルターにするタイプは、マンションやビルなどの建物内に放射能や毒ガスに対応した空気清浄機が構成されており、核爆発の一撃を逃れた後の生存環境を確保することができます。

最後の地上に建てるタイプは住宅・社屋の新築時に併設し、地上の空きスペースを活用する方法で設置が最も手軽です。